インゴシマ52話 『鈴村は助かるのか?高崎とコリオの戦闘』の感想・考察※ネタバレ注意

インゴシマ/田中克樹 (著), 天下雌子 (著)

バックナンバー

14話「カワキノヨクボウ」
15話「ウルオイノダイショウ」
16話「シラハノヤジリハマレビトニ」
17話「シラハノヤジリハマレビトニ」
18話「カグラマイチルナミダ」
19話「セッテキカクニン」
20話「キョウドウセンセン」
21話「シュツゲキノトキ」
35話&36話
37話&38話
39話「ニンゲンニンギョウ①」
40話「ニンゲンニンギョウ②」
41話「ニンギョウコワレタ①」
42話「ニンギョウコワレタ②」
43話「ヤミニトモルホムラ①」
44話「ヤミニトモルホムラ②」
45話「アナタダケノコタエ①」
46話「アナタダケノコタエ②」
52話「ヤイバアラブル①」

主要登場人物紹介

東堂 啓太
この物語の主人公。機械オタクな一面があり、クラスでもあまり目立たなさそうなタイプ
宮原とは幼馴染で好意を寄せており、片頭痛のような持病?を持っている。

小早川 貴子
地学科の学校主任
容姿端麗で先生の中でも人気者

アキラ
東堂を敵から救ってくれた人物。父はアメリカ人で母は日本人のハーフの軍人。美しい容姿をしているが戦闘に長けており、まだまだ謎の多い人物。

マンガボックス/インゴシマ

インゴシマ52話 あらすじ

コリオの襲撃にあった高崎たち。鈴村は槍で肩をさされ絶体絶命な状況になってしまった

コリオの仲間が鈴村にとどめを刺そうとしたその時、橘が敵から奪った剣で敵の仲間を貫いた

危機的状況は抜け出した橘たちは、鈴村が狼煙の方向から東堂たちの声が聞こえたと言うのでそっちへ逃げることに

しかし、市原が高崎がいないことに気づいた・・・・

高崎は一人でコリオから逃げずに、抱えていた太一の遺体をおろすとコリオを睨みつけた

コリオは高崎は自分のものだと仲間に言い聞かせ一対一で決着をつけるつもりだ

この状況コリオは興奮しており、「我が愛しきオゴ」と言いかけると・・・

高崎の渾身のストレートが顔面に入る

マンガボックス/インゴシマ

それでも倒れずに自分の下腹部を握りしめてさらに興奮が高まるコリオ

高崎は「ヘンタイクソ野郎」と言いさらにコリオを挑発するのだった

マンガボックス/インゴシマ

インゴシマ52話 感想・考察

鈴村はかなりの深手を負いましたが、橘の剣道が技でなんとか救出することが出来ましたね!

深手を負ったら、そのキャラは死ぬ運命・・・というのがサバイバル漫画の定番ではありますが、

赤城も復活しましたし、鈴村も助かるかもしれませんね!

東堂のあげている狼煙にも気づいたので治療を受けることも出来そうです

高崎はおそらく端から逃げるつもりはなく、コリオと決着をつけるつもりだったのでしょう

コリオも高崎を最高の獲物と見ており仲間の手出しをやめさせます

仲間は最低でも3人いるので、もしコリオ含めて4人で襲われたら高崎と言えどかなり苦しくなっていたでしょう

高崎は何か格闘技をやっていたかのような身のこなしでコリオに一撃を与えますが、興奮して覚醒したのかコリオにはそれほど効いていません

体格もそこそこデカいコリオを高崎は無事に倒すことはできるのでしょうか?

今回はここまで

見逃したインゴシマを無料・お得に見る方法!

FODプレミアムで無料で読む方法

1300ポイント分無料でコミックを読むならFODプレミアムがおすすめ!

FODプレミアムで無料で見る手順

DMMでお得に読む方法

初回限定購入の方全作品50%OFF!

DMMでお得にインゴシマ見る