ムシ!虫!蟲! オススメの『虫系』漫画をまとめてみました【2017年更新】

大好きな虫系漫画をパニックホラーを中心に集めてみました!

虫漫画は古い作品も多いので、今回はなるべく新しめの作品を中心に構成しております

ランキング順ではないのですが、特にオススメの作品はなるべく上にもってくるようにしています

虫漫画は気持ち悪いのに読みたくなってしまうんですよね

ゾンビ漫画と似たような感じですね笑 怖いもの見たさです

あんなに小さな虫がもし、人間大のサイズになったら・・・?

考えるだけどゾッとしますね^^; 

エイリアンと虫の線引きは曖昧ですがそこは適当です!ドンッ!

それではご覧ください♪

食糧人類

食糧人類

あらすじ
ある日、高校生の伊江とカズの2人は、学校からバスで帰宅する途中、車中に催眠ガスを撒かれ拉致されてしまう。目が覚めると、そこは人が敷き詰められたトラックの上。辺りには冷凍された裸の人間たちが並び、生きた人間たちによって解体されていた…。ここは一体どこなのか? この地獄から、脱出する術はあるのか? 『アポカリプスの砦』のコンビが挑む、人類生存を賭けた“食物連鎖”パニック!


作品紹介

ただデカい!だけではなく知性を持った虫が人類を制圧してしまいます!

デカいだけで恐ろしいのにその上知性を持ってしまったら止めようがないだろ・・・

食糧人類2

タイトル通りは人類は虫の食糧として終わってしまうのか、はたまた何か力をつけて抵抗するのか・・・?

まだまだ新し作品なので今後の展開が非常に楽しみな作品です!

ゾンビ漫画で有名な「アポカリプスの砦」の作者が手掛けた虫系パニックホラー

とても読みやすくクセのない絵なのでサクサク読めちゃいます♪

食糧人類1

テラフォーマーズ

テラフォーマーズ

あらすじ
「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」 西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?


作品紹介

こちらは紹介するまでもないくらい有名ですね!

そして、知名度に比例した面白さも持ち合わせております

この作品の人類の敵はご存じの通り「アレ」ですね

そうです

テラフォ2

ゴキブリだあああ

日本でも猛威を振るっている最凶最悪の虫ですね・・・

しかもそれが人間並みの大きさで暴れるんだから勝てるはずが・・・

ないこともない

その対抗策は人間自身も虫になるという事

テラフォ1

多くの虫の特性を活かし、ゴキブリに立ち向かっていくのが面白い!

また、台詞の言い回しなんかもカッコよく胸を熱くすること間違いなし!

巨蟲列島

巨蟲列島

あらすじ
修学旅行中に旅客機が墜落し、孤島に漂着した女子高生・織部睦美。しかし、その島は巨大昆虫の巣窟と化していた。昆虫たちのエサとなった高校生たちは地獄の島から生きて脱出できるか!?


作品紹介

こちらの作品はとにかく・・・グロい!

キャラクターも可愛く絵がとても上手なのでより一層グロさが際立っています

タイトルの通り巨大化した虫を相手に知識を活かして立ち向かっていきます

様々な虫の習性も知ること、ただ漫画を読むだけとは違う面白さがありますね
巨蟲3

虫もかなりリアルでありがたい・・・・のか?

巨蟲2

ちゃっかりお色気シーンなんかにも期待が持てたり・・・

巨蟲

GREEN WORLDZ

GREEN WORLDZ

あらすじ
20××年、東京。地球温暖化を食い止めるため、さらなる緑化運動が求められる時代。東京に住む少女・ユイに会いにきたアキラは、突然の停電で地下鉄内に閉じ込められてしまう……。ようやく地上に出たアキラが見たのは、巨大化した植物が人間達を襲う、想像を絶する光景だった……。


作品紹介

こちらはどちらかというとエイリアンのような感じなのでしょうか

GREEN3

突如、巨大化した自然生物達を相手に人間達が立ち向かっていきます

GREEN2

主人公アキラと謎の多い救世主『イワトビ』との関係性も・・・?

ただの虫達とのバトルだけでは終わらない、緻密に練られた内容が最高です♪

また本作品は8巻完結と非常に読みやすいボリュームなのもいいですね

GREEN1

アラクニド

アラクニド

あらすじ
叔父と暮らしている高校生・アリスは苛められて過ごしている。ある日、アリスは「蜘蛛」と呼ばれる殺し屋に叔父が殺されるのを目撃する! 気を失ったアリスが目覚めた先は「蜘蛛」の自宅だった…。そして、身内もいないアリスは「蜘蛛」によって殺し屋として育てられることに…!!


作品紹介

雰囲気としてはテラフォーマーズに近いでしょうか・・・?

人間が虫の力を近い戦いを繰り広げます!

ただ少し違うのは敵もまた虫の力を授かった者が多いという事!

アラク1

能力者の持つ虫の説明もかなーり詳しく描かれていますね

ここの説明はなんだかテラフォーマーズっぽいですね♪こちらの方が発売が早いので比較するのは失礼かもしれませんが・・・

アラクニド2

女の子の絵もかわいく非常に読みやすかったです♪

虫籠のカガステル

虫籠のカガステル

あらすじ
人が巨大な虫になる奇病[カガステル]が発症。虫(カガステル)は理性を失い、人を襲い、繁殖し続ける。人類が虫(カガステル)の“駆除”を認めたのは、人口の三分二が喰い殺された後だった――。“駆除屋”として生きる少年・キドウは、“虫籠”で死にかけた男を発見。男は娘を託し息を引き取る。残された娘・イリは、父が死んだ哀しみでその場を動こうとしない。キドウはそんな少女の頬を叩き、言い放つ。「生きる気がないならここで死ね」――それが二人の出会い。


作品紹介

『カガステル』とは、この漫画の世界で広まっている発症すると体が巨大な虫に変異し理性を失ってしまう病気の事のようです

つまり、元は人間の変異体もいるのでそれを知っている人の人間ドラマなんかも楽しめちゃいます

カガステル

他の作品とは違い、虫の能力を持った味方がいるわけでもなく、虫そのものが敵というわけでもないので一風変わった作品を読みたいという方にオススメですね♪

カガステル1

蟲姫

蟲姫

あらすじ
美し過ぎる転校生── 宗方聴久子の発するフェロモンは男も女も、そして虫さえも魅惑する! 兇気に蝕まれ死に呑み込まれていく日常。その先にあるものは…!? ホラー漫画のヒットメーカー外薗昌也と新鋭里見 有のタッグで贈る、戦慄の新世代ホラー!!


蟲師

蟲師

あらすじ
この世はヒト知れぬ生命に溢れている――。動物でも植物でもない、生命の原生体――“蟲”。それらが招く不可思議な現象に触れたとき、ヒトは初めてその幽玄なる存在を知る。蟲とヒトとをつなぐ存在――それが“蟲師”たる者。